2011/07/27

【時事】国会のすすめ

国会って実はとても面白いです。私は偶然国会中継をTVで見始めて、そのあまりの面白さに釘付けになりました。何が面白いのかと聞かれてもなんとも説明できないのですが、いろんな意味で面白いのです。政治が分からなくても何について話してるのすら分からなくても、下手なドラマより面白かったりします。

さて、話せば長い話になるのですが、最近「国会」について調べる機会があり、いろいろ検索していました。

そうしたら 2004 年の韓国の国会についてのこちらの記事 ↓ に行き当たりました。

---------------------
盧大統領の権限停止 国会が「弾劾訴追案」可決

【ソウル】国会は両野党が発議した盧武鉉大統領の弾劾訴追案について無記名表決を行った結果、在籍数の 2/3 を上回る賛成 193 票で、可決した。反対は 2 票だった。大統領弾劾訴追案の可決は韓国憲政史上初めて。これにより、弾劾の可否を決定するまで盧大統領の権限行使は停止され、首相が大統領権限を代行する。盧大統領は昨年2月の就任からわずか 1 年余りで権限を一時的に失い、韓国は国政の最高指導者不在という異常事態に陥った。
---------------------

要約すると、当時の盧大統領に対して国会が「権限を無効化する」決定を下したというニュースです。これは韓国では初めてのことで、国政の最高指導者不在という異常事態に陥ったというきわめて深刻なニュースです。


しかしそんなことはどうでもいいのです。問題はその記事に添えられていた国会の写真です。




なんということでしょう。づら飛んでます。

1人1人の挙動を見てみると実に奥が深い。国会とはこういうものなのです。真剣勝負なのです。

また、この記事には続きがあります(下記)。韓国の国民の政治への関心がうかがわれます。熱いです。

---------------------
一方、国会前では12日早朝、乗用車が国会本館の階段に突っ込んで炎上。運転していた40代の男が、「国会議員たちは何をしているのか」などと叫び逮捕されたほか、大統領弾劾に賛成、反対する各市民団体が集会を開くなど騒然としている。
---------------------

No comments:

Post a Comment