2011/07/04

【Vibram】 5本指シューズ (1)

夫がここしばらく、膝とかかとの痛みを訴えてます。昔かなりスポーツをやっていたのですが、そのときに痛めたところを最近のジム通いでまた傷めたようです。私たちはストレス解消によくゴルフの打ちっぱなしに行くのですが、それすら足が痛いと言って行かなくなってしまいました。

靴を変えたり、通勤にはスニーカーっぽい靴を履いて 職場では革靴に履き替えたり、インナーソールを替えてみたり、最近では関節に効くというサプリを飲んだり(ちょっといいみたい、と言ってます)。まぁ基本的にはオフィスワークばかりで運動不足なのがいけないんだけど、と自分でも言ってますが。その割にはトレッキングとかアウトドアが好きなので、困りものです。

で、こないだアウトドアのお店に行ったときに、詳しそうな店員さんにいろいろ相談していました。 そうしたら、そこで五本指シューズを勧められました。

私はそこではじめて知ったのですが、店員さんいわく去年あたりからすごい人気で、彼自身も Trek Running というか、森とか丘みたいなところを走るときにそれを使ってるとの事。なんでも今まではなるべく足に負担がかからないようクッションの厚いような靴が主流だったのが、最近はなるべく裸足に近い方が自然な体勢を保てるし怪我も少ないという考えに変わってきたそうな。でも裸足であちこち走るわけにもいかないので、5本指シューズ(そのまんまなんですが) という靴をイタリアの Vibram という会社が作って、それが爆発的に売れたんだそうな。

見た目はこんなです ↓ 結構ぎょっとします。

ちなみにその革新的な発想の転換のきっかけになったのが、Born to Run という本です。この本が Vibram の 5本指シューズを紹介、またなぜそんなにも紹介するのかという理由を書いたため、本がベストセラーになるにつれ靴も売れるようになってきたそうです。

Born to run (原著)



私はそんなことはまったく知らず感心するばかりだったのですが、この本など実は日本語訳まで出ていましたので、もしかして日本のみなさまにはいまさらな話題なのかもしれませんね。

BORN TO RUN (日本語訳)走るために生まれた
全米20万人の走りを変えた、ニューヨークタイムズ・ベストセラー





実物もお店にあったのですが、Vibram 得意のビブラム・ソールが爪先までくるむようにガードしてあって、見た目より硬い感じです。それぞれの指の底に滑り止めみたいなものが付いていて、確かに大地に足をふんばるのに適していそうです。

・・・長くなってしまったので (2) に続きます(→ リンク)。


100%天然素材 安全・安心 マルチ消臭スプレー

No comments:

Post a Comment