2011/07/12

【プリモン】子どもの絵 → ぬいぐるみ(1)



"All children are artists"

小さな子どもって、大人の既成概念をくつがえすような絵を描いたりしますよね。首から手足が生えてたり、あるいは何も生えてなかったりするアレです。たまに「これもしかして売れるんじゃないだろうか(いや売れない)」と思うような作品も。

この子どもたちの「かわいい怪物たち」を実際にぬいぐるみにしてしてしまおうという斬新なサービスができました。プリモン(Pretty Monsters の略)というサービスです。

My Pretty Monsters


アメリカで、入院している子どものためにボランティアがはじめたサービスが大人気になり、ビジネスとなったようです。私はアメリカで小児科医でしたので、入院している子どもたちのためのいろいろなサービスに接する機会がありましたが、その中でもこれは秀逸です。私が欲しいです。

とうとう日本にもこのサービスが上陸しましたが、サイトに載っている「作品例」がたまりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前:AJ (3歳半)


これ、怖すぎです。送られてきた絵の中でも、擬人化しようがない(というかモンスターにすらできない)ような大変に複雑なものが当然あるわけですね。これらの画伯の意図を「意訳」して作品へと昇華しているのは、アメリカのアーティストたちだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前:エルザ(3歳半)












3歳半という年齢には何かあるのでしょうか。何かわれわれ凡人には見えないものが見えているような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前:オスカー(歳不詳)

順調に発展してきていますね。こちらで人気のスポンジ・ボブに似ていない事もないです。これなら本人にあげても泣かれなそうですね。







子供用 防災ずきん

No comments:

Post a Comment