2017/11/01

ドコモから格安SIMに切り替えてみた⑤

(前回までのお話:ドコモから格安SIMに切り替えてみた

----------------------------------------

1)  iPhone 6 (SIM free、いわゆる白ロム)を購入
2) ドコモショップに行き(本人同伴)、解約手続き+MNP番号入手
3) DMMエントリーパッケージをAmazonで購入
4) 届いたエントリーパッケージ+MNP番号を用いてDMMで申し込み
5) DMMから届いたSIMを iPhone に挿入
6) 無事開通

----------------------------------------

さてさて、長らく引きずってきましたこのシリーズも完結です。

前回DMMオンラインで申し込みしていたSIMカードが届いたら、さっそく新しい iPhone に差し込みます。予想通りではありましたが、何事もなくつながりました!

今までの遅く使い勝手が悪かったAndroidスマホはここにて引退となり、老眼の母にも見やすい iPhone にて格安スマホデビューです。

現在この設定から2年ほど経っていますが、特に問題もなく快適に使えているようです。海外に行った時にもSIMを差し替えるだけで現地で使えますし、何より毎月の固定費の大幅な削減となりました。いやぁすばらしい(自画自賛)。

そしてDMMはサイトがシンプルで分かりやすく、月々のプラン変更も容易です。とは言っても母には敷居が高いため、私が使用開始半年ほど経った時点で利用状況をサイトで確認し(アカウント登録なども私がすべてやっており、海外からは VPNで操作)、それにあったデータ容量に変更しました。確か月5GB 程度だったと思います。自宅ではWifiですので、これでも十分すぎるほどです。

ちなみにこれとは別に私もその時の一時帰国ではDMMのデータのみのプランを使いましたが、普通に使えました。

また、今回は調べた時点でたまたま安く用途に合っていたDMMにしましたが、格安SIMの世界は日進月歩ですので、その時点で一番自分の用途に合ったものを選ぶといいと思います。

私が選んだ時の基準は、会社にいくらかの歴史があること、ドコモやAUなど大手のラインを使っていること、それなりに安定した通信速度があること、などでした。金額については月に数百円程度の差でしたので、あまりそちらは気にしなかったような・・・。

長年使ってきた大手の携帯各社から離れて格安SIMの世界に飛び込むのは勇気がいるかと思いますが(特に携帯番号を移行する場合は、うまくいかなかった場合にまた他社に移行することになり面倒)、やってみると意外に簡単です。ぜひ試してみるといいと思います!